従業員の年金・福利厚生なら全国情報サービス産業厚生年金基金(JJK)

年金・一時金のご案内 JJKから受け取れる年金(一時金)

JJKは、基本年金と加算年金の2つの年金を運営しています。

基本年金

基本年金

基本年金は、国の老齢厚生年金の一部(報酬比例部分)を、JJKが国に代わって運営する年金です。

基本年金は、国の年金と比べて次の点が有利です

  1. 1 ) 国の老齢厚生年金にプラスアルファを付けた年金を支給(国の年金支給率に0.5/1000上乗せ)。
  2. 2 )加入員期間が1カ月以上あれば、年金を終身で支給(国の年金は、25年以上の被保険者期間が必要)。
  3. 3 )失業給付(雇用保険)との調整はありません(国の年金は、失業給付との調整があります)。

 

※なお、JJKは平成27年4月に代行返上(将来返上)を行ないました。代行返上(将来返上)に伴い平成27年4月分の掛金からJJKに納めていた代行部分の掛金は国へ納めていただきます。
また、平成27年4月1日以降のJJK加入期間については加算部分とプラスアルファ分が給付の対象となり、代行部分の給付は国から支給されます。


加算年金

加算年金

加算年金は、JJK独自の給付設計で運営する年金です。

加算年金のしくみ

  1. 1 )加入員期間3年以上の方が支給の対象となります。
  2. 2 )加入員期間や在職中の給与、退職したときの年齢など、その方の基金加入状況によって年金(一時金)額が決まります。
  3. 3 )年金または一時金として受け取ることができます。ただし、年金で受け取る場合には、保証期間(20年または15年保証)が付いていますので一時金で受け取るよりも有利です。

保証期間(20年保証)

保証期間とは、加算年金の受け取りが保証される期間のことです。本人の生死に関係なく年金が保証されるので、仮に加算年金を受給中の人が保証期間内に死亡した場合、その残余期間分をご遺族に一時金として支給いたします。


保証期間(20年保証)

JJKでは平成18年4月1日に加算年金の制度変更を実施いたしました。
その際に保証期間を15年から20年に延長しました。保証期間が20年に延長される人は平成18年4月1日以降に当基金に加入している企業を退職した人で、生年月日が昭和21年4月2日以降の人です。

お問い合わせ

年金給付課
TEL 03-3546-5132 / FAX 03-3546-5122