従業員の年金・福利厚生なら全国情報サービス産業厚生年金基金(JJK)

年金・一時金のご案内:JJKから受け取れる年金(一時金) 年金(一時金)はいつもらえる?

基本年金

基本年金はJJKの加入事業所を退職していれば、支給開始年齢に達したときに受け取ることができます(支給開始年齢は生年月日によって異なり、段階的に65歳まで引き上げられます)。
また、支給開始年齢以降もJJKの加入事業所にお勤めの方は、在職老齢年金を受け取ることができます。

 

※なお、JJKは平成27年4月に代行返上(将来返上)を行いました。基本年金の取扱いについて変更があります。詳細につきましてはこちらをご覧ください。

国の老齢厚生年金およびJJK基本年金の支給開始年齢の引き上げスケジュール

男性
生年月日
女性
生年月日
支給開始年齢
昭和28年4月1日以前生まれ 昭和33年4月1日以前生まれ 60歳
昭和28年4月2日~
昭和30年4月1日生まれ
昭和33年4月2日~
昭和35年4月1日生まれ
61歳
昭和30年4月2日~
昭和32年4月1日生まれ
昭和35年4月2日~
昭和37年4月1日生まれ
62歳
昭和32年4月2日~
昭和34年4月1日生まれ
昭和37年4月2日~
昭和39年4月1日生まれ
63歳
昭和34年4月2日~
昭和36年4月1日生まれ
昭和39年4月2日~
昭和41年4月1日生まれ
64歳
昭和36年4月2日以降生まれ 昭和41年4月2日以降生まれ 65歳

加算年金

加算年金は、加入員期間によって受け取れる年金や一時金の種類が異なります

加算年金は、加入員期間によって受け取れる年金や一時金の種類が異なります

支給開始の時期は次のとおりです

給付の種類 支給開始の時期
加算年金
  • 60歳未満でJJKの加入事業所を退職した方
    60歳到達後に支給開始となります。
  • 60歳以上でJJKの加入事業所に在職中の方
    JJKの加入事業所を退職後、または65歳到達後に支給開始となります。
選択一時金
  • 退職後から加算年金の支給開始までの間で請求ができます。
    加算年金の支給開始後でも保証期間内であれば、お支払した加算年金の残額を選択一時金として支給します。
脱退一時金
  • 退職後に請求ができます。企業年金間のポータビリティ制度を活用して年金として受け取ることも可能です。

在職老齢年金

国の年金は、60歳(支給開始年齢)以後に厚生年金の被保険者として就労する場合、年金の一部または全額が支給停止されます。これを在職老齢年金といいます。
JJKの基本年金は、国の老齢厚生年金を代行していますので、JJKの加入事業所にお勤めの方は、国の年金と同様に支給停止をかけて基本年金を給付します。

在職老齢年金の支給停止額の計算方法

在職老齢年金の支給停止額は、65歳未満の方と65歳以上の方で計算方法が異なります。


60歳代前半の在職老齢年金

  • 60歳以上~65歳未満の方が対象となります。
  • 支給停止額の計算は、年金月額が28万円以下であるか、それを超える額であるか、総報酬月額相当額が47万円以下(平成27年4月から46万円→47万円へ変更)であるか、それを超える額であるかによって計算方法が異なります。
  • 在職老齢年金の概算方法

在職老齢年金の概算方法


60歳代後半の在職老齢年金

  • 65歳以上~70歳未満の方が対象となります。
  • 年金月額と総報酬月額相当額の合計が470,000円を下回った場合、支給停止はありません(全額受け取ることができます)。470,000円を上回った場合に、超えた部分の半額が支給停止となります。
    支給停止額=(総報酬月額相当額+年金月額-47万円)÷2×12
  • 65歳時に加入員期間が10年以上あれば、加算年金が受け取ることができます。加算年金に代えて選択一時金として受け取ることもできます。

お問い合わせ

年金給付課
TEL 03-3546-5132 / FAX 03-3546-5122